女性がハゲたり薄毛になる確率を年代別でまとめてみました

20代で薄毛になる確率

20代で薄毛になる確率

20代で薄毛になる確率は一体どのくらいなのでしょうか。2013年に大手育毛会社が行ったアンケートによると、20代の19.6%が薄毛に悩んでいると回答しています。

男女別に見ると男性が25.8%、女性が12.5%となっており、つまり男性は4人に1人、女性でも8人に1人の方が20代で薄毛になるかもしれないということになります。

20代の薄毛の原因は生活習慣が不規則な人に多く、ストレスや喫煙もその原因となります。なので会社などで強いストレスを感じている方は、この数字よりも確率は高くなるかもしれません。

また男性の方が確率が高い原因は男性ホルモンが関係しており、こちらもストレスや偏った食事をとることで、より進行してしまう原因になるので改善することが大切です。

30代で薄毛になる確率

30代で薄毛になる確率

男性の薄毛の大部分を占めているAGAは、思春期以降に徐々に進行します。

これは、この時期に分泌量が急激に増加する男性ホルモンのテストステロンの一部が、Ⅱ型5α-reductaseという還元酵素に変換されることにより、AGAの減員部室DHTが生産されるからです。

ちなみに、AGAが発症するのには遺伝が関係しており、特に母方の祖父から受け継ぐ男性ホルモンレセプター遺伝子の多型が重要なポイントとなります。

この遺伝子を受け継いでいる場合は、早い段階で発症する確率が高くなるので、いわゆる若ハゲと呼ばれる状態となります。なお、年代別の発症頻度は、20代10%、30代20%、40代30%、50代以降40数%という内容です。

40代で薄毛になる確率

40代で薄毛になる確率

年齢とともに薄毛に悩む人は男女ともに多くなる傾向にあります。40代で薄毛になる人の確率は何と50%以上とも言われています。男性においては40代の二人に一人は薄毛を実感しているのです。

一般的に40代の薄毛は若いころから発症していた男性型脱毛症が継続しているケースと40代になってはじめてあらわれてケースに別れます。どちらの場合にも、ストレスや生活習慣がかかわってきます。

仕事先や社会的、家庭内においても責任が大きくなるので、この年代はほかの年代に比べてストレスが増大します。それにより、自律神経のバランスが乱れて血中にある薄毛の原因を増やしてしまいます。

改善するには、早寝早起きの規則正しい生活やバランスのとれた食事を心がけましょう。