男性が薄毛になり始めたらどんなことをして予防するべき?

薄毛になり始めたら育毛剤を使用

薄毛になり始めたら育毛剤を使用

薄毛を引き起こす男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが薄毛のもととなる物質、ジヒドロテストステロンに変異するのが原因です。

テストステロンからジヒドロテストステロンへと変異させる物質が活性かどうかは、遺伝により両親から引き継がれるため防ぎようがありません。

しかし、育毛剤を使用することで、男性型脱毛症の進行を抑えることができます。育毛剤に配合されている成分は、販売メーカーによって異なるため、高い効果を期待する場合は男性ホルモンを抑える成分が配合されているものを選択します。

薄毛の進行は早い人であれば20代前半には始まりますから、人によっては30代を目前にして前髪の多くを失うことになります。髪の毛を失ってから育毛剤を使用するよりは、気づいた段階で育毛剤を使用した方がより効果的です。

薄毛になり始めたら生活習慣の改善

薄毛になり始めたら生活習慣の改善

一言で生活習慣の改善というと何をすれば良いのか分からなくなるかもしれませんが、分かりやすく言えば食生活と運動習慣に分けることが出来ます。

まず食生活ですが、食生活が乱れると栄養バランスも乱れ、頭皮に十分な栄養が行き渡らない可能性があります。そのため頭皮が栄養不足になり薄毛になってしまうのです。

また運動を全くしないと筋肉量が少ない身体になり、身体は冷え、新陳代謝が落ちることで新しい細胞が作られにくくなり育毛を促すことが難しくなります。

そこで食生活としては栄養バランスの良い食事を心掛けることで頭皮にも十分な栄養を送り、ウォーキングの様に続けやすい運動を取り入れることで筋肉量を増やし新陳代謝を向上させます。

また、血行を良くしたりするような生活習慣の改善が、薄毛対策に効果を期待することが出来ます。

薄毛になり始めたらシャンプー・洗髪方法の見直し

薄毛になり始めたらシャンプー・洗髪方法の見直し

洗髪前に髪の毛を濡らす人が多いと思いますが、その際には毛穴に詰まった汚れを落としたり毛穴を開かせるために十分にシャワーで頭皮を洗うことが大切です。

毛穴の汚れはシャンプーで落とすと考えている人もいるかもしれませんが、実際には毛穴の汚れの多くはシャワーで落とすことが出来ます。

またシャンプーを直接頭皮につけてしまうと刺激が強いため、十分に泡立ててから頭皮を優しく指の腹でマッサージするように洗うことも大切です。

薄毛の原因は人それぞれですが、頭皮は紫外線を浴びたり汗をかいたりなどとストレス以外にも薄毛になる原因が付いてきます。

そのため薄毛が気になり始めたら、シャンプーの種類を変えるだけでなく、洗髪方法を見直して毛穴の汚れをしっかりと落とすことも重要なことなのです。